エンジニア 人生論 人間関係 公務員

メンタルが弱い部下の対処法

みなさん、こんにちは。タケイです。

今日は「メンタルが弱い部下の対処法」についてお伝えします。

この記事を書こうと思ったきっかけ

叱ったり、注意しただけで落ち込み、仕事のパフォーマンスが落ちる部下に悩んでる方がいるのではないでしょうか。

私も公務員や正社員のエンジニア時代、メンタルが弱くて、強い口調で注意されただけで落ち込んでいました。

ですが、メンタルが弱い部下に正しく接すれば、びっくりするほど、社内で欠かせない「エース級」の社員になります

今回は、そんなメンタルが弱い部下を「エース級」の社員にするべく、「メンタルが弱い部下の対処法」について書くことにしました。

メンタルが弱い部下の対処法

では、メンタルが弱い部下の対処法について紹介します。

メンタルが弱い部下の対処法は以下の2つです。

1.優しく接する

2.全面サポートする

以下、詳しく書いていきます。

1.優しく接する

メンタルが弱い部下の対処法の1つ目は、「優しく接する」ことです。

メンタルが弱い部下は、厳しい人がいると、ビクビクして最大限のパフォーマンスを発揮できなくなります

理由は、厳しい=怖い

になっていて、厳しいのに耐性がないからです。

しかし、私からすると、厳しい(=怖い)ことに耐性がないのは普通のことだと思っています。

なぜなら、生物は本来、命の危険性を感じたら、ビクビクして逃げるからです。

例えば、目の前にクマがいたら、私たち人間は勝ち目がないので、「怖ぇぇー!」と思って、瞬く間に逃げますよね

間違っても、クマを倒すために歯向かって行かないと思います。

このように、メンタルが弱い部下にとって、厳しい(=怖い)上司はクマのような存在です。

なので、メンタルが弱い部下に対しては、とにかく笑顔で優しく接し、「私はクマではないよ」という姿勢を見せることが大事なのです。

結果、何かミスをしても、上司のあなたに報連相を欠かさない「真面目」な部下になり、行動力と仕事のパフォーマンスが向上、チームにいい影響を及ぼしていきます

2.全面サポートする

メンタルが弱い部下の対処法の2つ目は、「全面サポートする」ことです。

メンタルが弱い部下は、何か窮地にたたされた時、かなり動揺して、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます

ひどい場合は、どうすればいいかわからなくてパニックに陥ることさえあります

しかし、どんなことがあっても助けてくれる同僚がいる場合、パニックに陥ることはありません

メンタルが弱い部下は、孤独を1番恐れているため、自分ではどうしようもなくなった時が1番怖いのです。

そのため、どんなことがあっても助けてくれる人がいれば、パフォーマンスは落ちず、何なく作業をすることができます

一方、助けてくれる人がいない職場環境では、メンタルが弱い部下は潰れるのはいうまでもありません。

あなたは、メンタルが弱い部下に対して、全面サポートをすることができていますでしょうか。

もし、自信を持って「イエス」と言えない人は、今日からどんなことがあっても助ける「全面サポーター」になって、メンタルが弱い部下をサポートしてください

メンタルが弱いのは悪いことではない!

この記事を読む前、

メンタルが弱いのは悪いこと

だと思っていたかもしれませんが

メンタルが弱いのは決して、悪いことではありません!

日本にいると、なぜかメンタルが弱いのが悪と思われがちですが、メンタルが弱いのは本来の生き物の姿です。

怖い状況に陥ったら、誰でもビクビクしちゃいますよね。

社会も一緒で、厳しい人だったり怖い人がいたら、誰でもビクビクして、パフォーマンスが落ちるものです。

ですが、逆に常に笑顔で、助けてくれる優しい人がいたら、みんな好きになってリラックスできると思います。

このように、常に笑顔で助けてくれる職場環境なら、メンタルが弱い部下は必ず「エース級」の部下に大変身します

ぜひ、部下のパフォーマンスが上がる職場環境とはどういう環境なのか

を自問自答して、楽しく働ける職場環境にしていきましょう。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週ブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

業界最安値のプログラミングスクール|SkillHacks(スキルハックス)

-エンジニア, 人生論, 人間関係, 公務員