takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

人生論

人との出会いは人生を変える

投稿日:2020年5月16日 更新日:

みなさん、こんにちわ、たけいです。

今日は「人との出会いは人生を変える」というテーマについて、記事を書きます。

皆さんは、人とよく会うタイプですか?

私はかなりの引きこもりで、用がない限り、自宅にいるのが好きな人間です。

トレーニングや買い物で1時間や2時間、外に出ることはありますが、それ以外は本当に出かけません。

キャバクラとか夜の店に一切行ったことないです。

ですが、今回、人と出会うことは本当に大切だなぁと思ったので、「人との出会いは人生を変える」というテーマで書きたいと思います。

書こうと思ったきっかけ

なぜ、今回「人との出会いは人生を変える」と言うテーマで書こうかと思ったのかというと、理由は3つあります。

1つ目は、気軽に話せるエンジニアの仲間が欲しかったからです。

きっかけは、会社で働いていたものの、成長が遅いなぁと感じていたことがあります。

なぜ成長が遅いか考えたんですが、自分の努力不足もあるものの、社内の雰囲気が、質問しにくいよなぁと思ったからです。

質問がしやすい環境と、しにくい環境だと、成長も遅れて仕事の効率や生産性が落ちます。

ホント些細なことでも、質問しやすい環境だと躊躇なく質問できますが、質問しにくい環境だと、自分でいろいろ調べて、勝手な判断で行動しちゃいます。

結果、それは違うから勝手に行動するなと注意されます。

でも、質問しやすい環境や確認しやすい環境だと、確認したから大丈夫と自信を持って行動できると思います。

また、会社のことはもちろん会社の方に質問しますが、例えば、JavaScriptとかWordpressとか、別に会社の人に聞く必要がないのに気づき、

他の会社のエンジニアに聞いても問題ないと気づいたので、これから色んな人と出会って、仲間を作ることにしました。

2つ目は、1つ目をより広い視野で見たパターンですが、
世の中、情報をいかに多く持ってるかで人生が変わってくると改めて感じたからです。

ここで恥ずかしい話をしますが、

私は実家にいた時や、彼女ができるまでの学生時代と公務員時代、世の中の人が知っていることを全然知りませんでした。

「なんかその言葉、聞いたことはあるけど、詳しくは知らない」って感じです。

いかに知らないか暴露するための例を出すと、

まず、クレジットカードの意味を知りませんでした。

もちろん、クレジットカードの存在は知っていましたが、実際にどのように使うとか、現金払わなくていいとか、分割払いやリボ払いでできる、ポイントが溜まるなど、そんなこと何も知りませんでした。

ですが、学生時代に彼女ができて、ラーメン食いながらふとクレジットカードのことを聞いたんです。

そしたら、その場で現金がなくても、カードで支払いができるんだよとか、

ポイントが溜まって、そのポイントで飯食えたり、ICカードにチャージできたりするんだよって聞いて、

今まで現金や口座振替で支払っていた自分がいかに損をしていたのかがわかりました。

ちなみにクレジットカードのことを知ったのは、大学4年の時です。

加えて、これもなかなかヤバイですが、Wi-Fiの意味を全く知りませんでした。

(そもそも20年いた実家にネット環境がなかったんです、今もありません)

学生時代、ど田舎から都会に引越して、PCを買った時に一緒にポケットWi-Fi(1ヶ月5000円で通信制限あり)を店員に薦められて購入したんですが、

これがあると、インターネットが接続できるくらいの感覚でいたんですよ。

ですが、社会人になり、家賃の中にネット代込みの物件に引っ越したんですが、そのままポケットWi-Fiを家でも繋いでやっていました。

ちなみに、無線LANルーター買ってそれを繋ぐと、ネットが使い放題と気づいたのは、公務員になって、例のメンタル疾患で休職をした時です。

暇だったんで、ネット環境が整ってる物件ってどういう状態か調べたんですよ。

そしたら、無線LANルーター買ってつなげば、ネットが見放題ってことに気づき、その日のうちに無線LAN買って、ネット環境を整えました。

そして、ユーチューブ見まくってたら、エンジニア出身のインフルエンサーに出会って、エンジニアってリモートワークできるし、給料も悪くないしってことで、エンジニアを目指したんです。

ここで、よくよく考えたら、公務員になって私を休職に追い込んだ上司がいなかったら、そのまま「公務員最高!」って感じで続けて、ネット見放題のこと知らず、ポケットWi-Fi代の月5000円払っていたかもしれません。

ちなみに、その物件に引越したのは3年前なので、ポケットWi−Fiで15万くらいは損したと思います。

それでも、ネットを繋いで今の状況になったのは、間接的ではありますが、YouTubeで出会った方々のおかげです。

もし、休職しないで公務員続けていたら、YouTubeはバカが見るものだと勘違いして、たぶん、このブログも書いてないと思います。

そして3つ目は、
今まで経験してきたことを、エンジニアになりたい人に情報発信して、人生を変えるきっかけにしたいと思ったからです。

私は今の会社に転職するまで、あまり人と会わなくて、全て自分の情報収集能力だけを頼りに転職しました。

運よく、転職できたのでよかったですが、現役エンジニアの知り合いを作って、アドバイスを受けながら転職活動していたら、もしかしたら状況が違ったのかなと思います。

エンジニアの知り合いがいなかったので、ポートフォリオサイトが完成しても、コードがグチャグチャだったし、どこか自信がありませんでした。

それに、実際に現場に入ってみて、「これ、事前に知ってればよかったなぁ」と思うことが山ほどあります。

なので、今からエンジニアを目指している人には色々お伝えして、タケイさんのおかげであの時知れてよかったと思えたら嬉しいです。

2020年5月よりオンライン面談開始

先ほどの理由の中で、「今まで経験してきたことを、エンジニアになりたい人に情報発信して、人生を変えるきっかけにしたい」

そういう想いから、早速、オンライン面談を始めました。

嬉しいことに、初回の5月8日に面談してみたいとのご連絡があり、このブログの更新した前日(5月15日)にも、オンライン面談をしました。

最初は、実際に会ってお話しようかと思っていましたが、新型コロナウィルスの影響で外出自粛が始まり、オンラインミーティングしたり、飲み会したりしてるのにもかかわらず、自分がやらない手はないよねと思いました。

その結果、5月8日に行った面談では15万の案件をとった経緯やTwitterでズームの招待をする方法を教えてもらい、これでTwitterにいるどんな方でも、オンラインで面談ができることがわかり、

そこで学んだことを早速活かして、5月15日にもオンライン面談を行い、かつて私が就職しようとしていたSESのことや、Javaのことを詳しく聞くことができました。

もちろん私からお答えすることもありましたが、一方的に伝えるだけでなく、逆に知ることが多くて、「ホント人との出会いで色々知れて、人生いい方向にいけるなぁ」と改めて感じました。

そして、根本的なことをいうと、人と話すのって社会的つながりを感じて、本当楽しいよなって思ってます。

オンライン面談、これからもガンガンやります

今回行ってみたオンライン面談ですが、実は3回目も決まりました。

しかも、新型コロナウィルスが落ち着いてきたら、実際にお会いしてスキルをお伝えする予定もいくつかあります。

これから続けてみてどうなるかわかりませんが、最終的には、学んだことを発信し、多くの方の人生に役に立てたらなと思います。

そして、私も学びたいと思っています。

なので、ぜひ私と面談してみたいと思っている方は、TwitterのDMで連絡をいただけたらと思います。

今回もブログをご覧いただきありがとうございました。

エンジニア転職で何か相談したいことがございましたら、Twitterにてご連絡ください。

よろしくお願いします。

-人生論

執筆者:

関連記事

絶対にプログラミングが上達する方法

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「絶対にプログラミングが上達する方法」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 皆さんは、プログラミングしかり、動画編集、Excelなど、何かスキ …

エンジニアが病気になりやすいと思う理由とその対処法

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は、「エンジニアが病気になりやすいと思う理由とその対処法」について執筆します。 この記事を書こうと思ったきっかけ コロナウィルス拡大により、リモートワークがしやす …

no image

自己肯定感を下げないためにしてること

みなさん、こんにちは。たけいです。一昨日、ブログを投稿する前に色々いじった結果、ブログが書けなくなりましたが、今日から投稿していきます。 突然ですが、皆さんは自己肯定感が高いですか?低いですか?ちなみ …

メンタルが弱い人が絶対にやるべきこと

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は「メンタルが弱い人が絶対にやるべきこと」について、記事を書きます。 いきなり1つ質問ですが、職場に苦手な上司がいたとします。(というかいると思います) そこで、 …

「前にも言ったよね」と言ってくる人の対処法

みなさん、こんにちわ。タケイです。 今日は「「前にも言ったよね」と言ってくる人の対処法」について執筆します。 この記事を書こうと思った理由 私が働いていて嫌いな言葉の1つに「前にも言ったよね」という言 …