takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

エンジニア

HSPはエンジニアに向いている

投稿日:

みなさん、こんにちは。タケイです。

今日は「HSPはエンジニアに向いている」について、執筆します。

実は前々から、「自分HSPなんじゃないか」と思っていましたが、最近になって、ガチなHSPだと認識するようになりました。

なぜなら、HSP診断テストを3つ行ってみたところ、3つとも「あなたはHSPです」と診断されたからです。

さすがに3つとも診断結果が「HSPです」ときたら、もう「HSP」だと認識せざるを得ません。

今日はそんな「HSPだ」と思ってる方に記事を書きたいと思います。

書こうと思ったきっかけ

世の中にはHSPの人が、血液型がB型の人と同じくらいいるようで、決して珍しいわけではない現実があります。

ちなみに、HSPは、メンタル的に、感じやすくストレスをためやすい、疲れやすい人です。

なので、生きる場所を間違えると本当に生きにくく、最悪、自殺したり、アル中・薬中になったり、お金を使いすぎて、人生を台無しにする方向に行く人もいます。

それらを聞いて、「HSPダメじゃん」と思うかもしれません。

しかし、最近、必ずしも「HSP=不幸ではない」と思うようになりました。

今日は「なんか生きにくい」と思ってる人に対し、「生きにくいと思ってるあなたは決して間違いではない」ことを発信したく、少しでも役に立つ情報を発信したいと思い、書くことにしました。

そもそもHSPとは

詳しくはHSPについてググって欲しいですが、先ほども記載した通り、必要以上に感情的に感じやすい人です。

例えば上司から注意された時に、HSPではない人は、「あっ、すいません」みたいな感じで、さらっと聞いて、さらっと聞き流し、すぐに切り替え、業務を遂行することができます。

一方、HSPの人は注意された時に、「あっ、すいません」と表面的には、HSPではない人と同じ反応をしていても、

心の中では「何でこんなことで注意されたんだろう、私はダメな人間だなぁ」みたいに過剰反応し、なかなか切り替えられないまま仕事をしちゃいます。

こんな感じで、相手は軽い気持ちで言ったつもりが、HSPの人は重く受け止めてしまいます。

以上はあくまで一例ですが、もし、この文面をみて、「自分も考えすぎるところがあるな」と思う方がいれば、ぜひ、一度HSPについて調べてみてください。

HSPは悪いところだけじゃない

常々申し上げている通り、

HSPは「メンタル的に、感じやすいから、ストレスを溜めやすく、疲れやすい人」ですが、

これだけを聞くと、「HSPって終わってるじゃん」と思う方がいるといます。

実際、私も自分がHSPだと認識するまでは、「HSPって損することばかり」と思っていました。

なぜなら、生きていて、他人から指摘や注意をされることは絶対にあるし、落ち込まないことは無理だからです。

ですが、HSPと診断されてからは、「HSPであることが事実であり、現実」なので、その事実・現実から逃げることはできません。

なので、「HSPでも何か生きやすくする方法、いい特性はないか」と考えました。

そして、結論、HSPの最大の特徴を見つけました。

それが、「幸せを感じやすい」ということです。

どういうことかというと、HSPは先ほど書いた通り、ちょっと注意されただけで、かなり気にしてしまいます。

なかなか切り替えることができません。

ですが、逆を言えば、ちょっと褒められたら、切り替えることができないくらいめちゃくちゃ喜べるわけです。

なぜなら、イメージの話になるんですが、HSPにとっては、指摘されるのは気分が落ち込むので、下に行ってしまうことなんですが、褒めることは逆に上に行くことだからです。

つまり、成長が認められてるってことですね。(わかりにくくてすいません)

なので、HSPは「成長してるよ!」とか褒めてくれるとめちゃくちゃいい方向に行きます。

結果、仕事でも結果を出せるようになり、生きていて楽しいと思えるようになるわけです。

こんな感じで一喜一憂するのが得意なので、「一喜一憂」の「一喜」を得意にし、「一喜」を鍛えてやろうじゃないか

というのが、私なりに見つけた方法です。

なぜエンジニアに向いているのか

以上、HSPの特徴を述べたことから、私は「HSPはエンジニアに向いている」と断言できます。

なぜなら、成長を感じやすく、エラーを解決した時やコーディングができるようになった時、周りに比べて幸せを感じやすいからです。

例えば、HSPじゃない人とは、エラーを解決できたり、コーディングができたりした時に、「へぇー、こういう風にやるんだぁ」くらいで終わると思います。

ですが、HSPの人であれば、エラーを解決できたり、コーディングができるようになってると

「よっしゃー!エラーの解決の仕方わかったわ!!」と心のなかでガッツポーズすると思います。

ちなみに私の場合、解決に時間がかかればかかるほど、解決した時は涙がでるくらいうれしくなります。

こんな感じで、小さいことでもめちゃくちゃ喜べるのがHSPのいいところです。

なので、日々勉強が必要なエンジニアは、勉強し、技術が身につき、できることや知っていることが増えていきやすい業種なので、

「よっしゃー!昨日よりレベルアップしてる!」と幸せに感じやすく、エンジニアに向いていると言えるわけです。(もちろんエンジニア以外に向いている職業はたくさんあります)

こんな人と相性が悪い

ただ、HSPが成長を感じやすい職で働くことになったとしても

「一喜一憂するな」とか「調子に乗るんじゃない!」

と言ってくる人と一緒に働くことになった場合、かなり相性が悪いと思います。

なぜなら、HSPは一喜一憂するのがもう仕事みたいなもんなので、感情を殺すことは自分を殺すことに等しいからです。

なので、感情を殺すようにしてくる人や職場で働くと、一気に生きにくくなり、HSPにとってはレッドオーシャンになるので、注意が必要です。

もちろんパワハラ上司とかは論外ですが、それこそ在宅勤務ができるエンジニアのような職についていると、

めんどくさい人間から離れることができて、なんなら家の中で「よっしゃー!!」と叫べて、成長を喜べます。(冗談)

そう考えると、やっぱエンジニアはHSPの人に向いていると再度思ってしまうわけです。

HSPは最高

以上のように、HSPについて書いてきましたが、HSPは傷つきやすいところはありますが、幸せを感じやすいため、環境さえよければ、毎日が楽しく生きれる特性があります。

私は、この特性を活かし、とにかく小さいことでも一喜一憂して、「よくやった」と褒めるようにしています。

結果、自分は褒めて伸びまくるタイプなのがわかるので、ムチばかりの環境に飛び込んだ場合、準備をして逃げられるモチベーションを上げることができます。

そうすると、幸せに生きることができるので、人生がいい方向にいくと考えることができています。

今日のブログを読んで、「自分、切り替えが遅いところがあるな」と思った方、ぜひ、自分がHSPかもと疑ってみて、HSPについて調べてみて下さい。

決して、HSPは不幸な人間ではないですよ。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週土曜日にブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

また、毎週日曜日にYouTubeを投稿していますので、そちらも見ていただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

新品価格
¥2,237から
(2020/10/18 22:17時点)

初心者からちゃんとしたプロになる HTML CSS実践講座

新品価格
¥2,860から
(2020/10/18 22:18時点)

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

新品価格
¥2,455から
(2020/10/18 22:18時点)

改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

新品価格
¥3,278から
(2020/10/18 22:19時点)

-エンジニア

執筆者:

関連記事

公務員を辞めて、エンジニアを目指した理由

みなさん、こんにちは。たけいです。今回は、元公務員だった私がエンジニアを目指した理由について、投稿したいと思います。ちなみに、私は学生時代、ずっと公務員に憧れて4年間過ごしていました。そして、大学卒業 …

半年でエンジニアの退職決断に至った理由

みなさん、こんにちは。 たけいです。 今日は 半年でエンジニアの退職決断に至った理由 について、ブログを書きます。 8月末の退職が決まりました 急遽ですが、今の職場、8月末の退職が決まりました。 2月 …

マナブさんの発信を聞いて、勘違いしてはいけないこと

みなさん、こんにちわ。タケイです。 今日は「マナブさんの発信を聞いて、勘違いしてはいけないこと」について執筆します。 この記事を書こうと思った理由 皆さんは、マナブさんという方をご存知でしょうか。 ビ …

web制作会社で働くエンジニアの仕事とは

皆さんこんにちは、たけいです。 今日は、web制作会社で働くエンジニアはどんな仕事をしてるのかについて投稿します。 入社3ヵ月目の私が知ってる範囲でお伝えしますが、あくまで私の会社のパターンなので、そ …

エンジニアデビューした今の会社を今年度で辞めることにしました

みなさん、こんにちは、タケイです。 今日は「エンジニアデビューした今の会社を今年度で辞めることにしました」 について書きます。  書こうと思ったきっかけ 実は今の会社で働いて、「エンジニア最高ですよ! …