takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

エンジニア

派遣社員は負け組なのか

投稿日:

みなさん、こんにちは。タケイです。

今日は「派遣社員は負け組なのか」について、執筆します。

この記事を書こうと思った理由

派遣エンジニアになり、俗にいう「派遣社員」として社会人をしてますが、「派遣社員は負け組」だとか「派遣には絶対になるな」的な言動をよく耳にしてきました。(特に親)

ですが、そのようなことをいう人は、本当に派遣社員になった上で話しているのか?っていう話で、私の感覚上、人には、正社員のような「正規雇用」に向いている人と、バイトやパート、派遣やフリーランスのような「非正規雇用」が向いている人がいると思っています。

今日は、派遣社員の魅力がわかっていないにもかかわらず、「派遣は負け組」と思っている方の意見をモロに受けた人が、少しでも派遣の魅力に気づいてくれたらなと思い、この記事を書くことにしました。

派遣について思ったこと

先日、下記のようなツイートをしました。

個人的に、このツイートの反応良かったので、詳しく書こうと思います。

もし、面と向かって「派遣のお前は負け組」だとか、「派遣にはなるな」みたいなことを言われたら、私の場合「ツイートのように対応するなー」と何気なくツイートしてみてみました。

そこらへん詳しく書きたいと思います。

表面上では、「はい、負け組です」

もし、「お前は負け組だ」と言われたら、表面上では「はい、負け組です。」とあえて認めます。

なぜなら、相手が「自分は負け組ではない!」と必死に否定する姿を見て、楽しみたいという欲求があり、相手の欲求に背く形で答えると、相手の意表をつくのためおもしろいからです。

まさか相手は「負け組」と認めると思っていないので、「えっ!?w」という反応がきます。

もしくは、「よし、負け組と認めたんだから、俺がいう通りに生きろ」みたいな傲慢な態度を強めて、自分があたかも偉くなったような気分になる人もいます。

そういう姿を見て、自分は「この人はただマウントをとって、他人を優劣でしか見ることができない悲しい人」と思ってしまいます。

私が公務員時代にパワハラを受けて休職した話は散々してきましたが、休職中にいろんな人の情報を見たり聞いたりし、特に「パワハラする人の心理」みたいな人の心理については、誰よりも勉強してきました。

なので、意表をつくのが好きであり、偉くなったような態度を見るのが、まさに人間の滑稽な姿なので、楽しむことができるのです。

心の中では、負け組だと一切思っていない

それに、本当のことを話すと、自分が派遣社員になって、1度も「負け組」だと思ったことありません。

なぜなら、今まで働いてきた中で一番精神的に楽で、お金にもそんな困ってないからです。

入社2日目から在宅勤務になり、仕事も99%定時終わり、契約上の仕事だけをやればよく、電話応対とかどうでもいい仕事をしないため、結果、総合的に考えてストレスがたまりません、前職より毎月約10万近く多くもらっています。

よくある反論として、「派遣はボーナス貰えない!」という人がいますが、確かにボーナスはもらえません。

しかし、毎月20万で半年に1回のボーナスをもらうよりも、ボーナスはなくてもいいので、毎月30万もらう方が圧倒的に幸せです。

その方が毎月の貯金額や投資に回せる額が増えるので、結果的に金持ちになります。

もちろん、無駄使いしないのが大前提ですが、これまでの職務や派遣先によって、年収が変わってくるものの、スキルがある人は間違いなく派遣社員の方が給料も時間も激増すると思っています。

それと、言い忘れそうになりましたが、残業すれば確実に残業代が支給され、休日出勤の場合ももちろん支給、交通費は上限5万円まで、社会保険も普通に加入なので、「派遣の何が悪いの?」とさえ思えてしまいます。

確かに派遣は、状況によっては「派遣切り」みたいなこともありますが、

会社の経営が悪くなったか、仕事でやらかしたか

など、よっぽどやばい状況にならない限り、「派遣切り」は合いません。

例え「派遣切り」にあったとしても、派遣の仕事は、ゴキブリ並みにたくさんあるため、職歴と面談でのコミュニケーションがしっかりしてれば、仕事は確実に見つかると思っています。

派遣社員が負け組だと言われる理由

ちょっとここで、世間でなぜ「派遣社員は負け組」と言われ嫌厭するか考えてみました。

やはり「ボーナスをもらえない」「クビになりやすい」「恋愛市場での価値が低い」だと思います。

ボーナスについて話すと、

派遣社員と同じの給料を毎月貰えて、かつボーナスをもらえるなら、経済的には正社員の方が勝ち組です。

私は、昨年11月から投資に力を入れてるんですが、「ボーナスのような臨時収入があるならいいのになぁ」とたまに思う時があります。

なので、「正社員向いてない」と思っていない人は、そのまま正社員でいた方が収入をたくさんもらって、多くの資産を築くことができると思います。

あと、「不景気になってもクビになりにくい」のも、正社員のいいところですね。

今回のコロナウィルスでも、日本経済の悪化によって派遣切りがいくつかありましたが、仕事ができる派遣より、仕事ができない正社員の方が残る日本社会である現実は、正直否めません。

なので、派遣社員として生きる以上、いつクビになってもいいように、能力や経済資産を向上させていくことが大事になってきます。

最後に、やっぱり「派遣より正社員の方がモテる」ってところでしょうか。

これは、あくまで私の独断と偏見なので、「そうだ!」とは言えませんが、女性の皆さんどうでしょうか。

自分が女性だったら、少し考えるかもしれませんが、それよりも親が婚約者が派遣社員とかめちゃくちゃ反対しそうな気がします。

派遣社員として働く以上、恋愛は不利になってしまうこと覚悟しないといけません。

軽くスケジュールの紹介

もう少し、派遣社員のホワイトさをアピールするため、私が派遣エンジニアになってからの1日のスケジュールを紹介します。といっても、派遣社員だから別にこういうスケジュールになるわけではありませんが

8時:起床、散歩、朝飯
9時〜13時:仕事
13時〜14時:ランチと休憩
14時〜18時:仕事
18時〜19時:夜ご飯と運動の準備
19時〜20時:ランニングorボウリング
20時〜24時:勉強
24時〜1時:お風呂
1時〜2時:読書
2時〜8時:睡眠

ざっくり書くとこんな感じです。

今は通勤もなく、残業する時間もないので、趣味をする時間、勉強する時間、読書をする時間、つまり人生を豊かにする時間を大幅に確保できています。

こんな生活を派遣エンジニアになって、4ヶ月やってるので、正直、他の環境にいくのがリスク過ぎて動けません。

こういう生活が雇用期間上限の3年まで持てばいいなと思っていて、楽しく働いてお金をゲットするのが個人的に正解だと思ったので、正社員だろうと派遣だろうと、フリーランスだろうと、毎日ストレスを抱えながら働くのは間違っていると思っています。

正社員の方で人間関係で疲れている人は派遣社員になりましょう

個人的に、正社員に向いている人は、「どんな人間関係でもうまくやっていける人」だと思っています。

なぜなら、正社員は1年で辞めれば、「嫌なことあったらすぐやめる奴」と転職市場での市場価値が低くなり、不利な状況で戦わなればならないからです。

なので、最低3年働くべきという暗黙のルールは間違っていないと思いますが、私の場合、正社員を3年続けるに関して、よほどいい環境かメンタルがタフじゃないとやっていけません。

これまでの仕事もすべて2年以内に辞めているので。

私みたいに、短期離職をする人は、うまく人間関係での悩みを対処する方法が身についていないので、正社員に向いていないと思います。

なので、派遣社員やフリーランスのような、組織に属さない生き方をして、短いスパンで給料を貰いながら生きていく人生に切り替えるのがベストだと思います。

嫌だったら、「次の仕事は受けません」で事足りますからね。

正社員だと、「今やめたらどこに行っても通用しない」みたいなこと言われたり、説得された事例もちらほら聞きます。

2021年1月現在、コロナウィルスで多くの方が失業してる中、働いて給料もらって生活できるだけ幸せなので、ぜひ正社員に拘らず、派遣も考えてみてください。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週日曜日にブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

また、YouTubeも毎週日曜日に投稿していますので、そちらも見ていただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座

新品価格
¥2,970から
(2021/1/31 22:20時点)

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版] 〈WordPress 5.x/Gutenberg対応〉

新品価格
¥2,640から
(2021/1/31 22:21時点)

PHPフレームワークLaravel入門 第2版

新品価格
¥3,300から
(2021/1/31 22:21時点)

-エンジニア

執筆者:

関連記事

エンジニアが病気になりやすいと思う理由とその対処法

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は、「エンジニアが病気になりやすいと思う理由とその対処法」について執筆します。 この記事を書こうと思ったきっかけ コロナウィルス拡大により、リモートワークがしやす …

苦手な先輩の下、エンジニアを6か月やってきた方法

みなさん、こんにちは。 タケイです。 今日は先週のブログの続編として、 「苦手な先輩の下、エンジニアを6か月やってきた方法」 について、記事を書きます。 書こうと思ったきっかけ 前回のブログで書きまし …

エンジニア転職の面接で練った戦略

みなさん、こんにちは。たけいです。 今日は「エンジニア転職の面接で練った戦略」について、書きたいと思います。 エンジニア転職の面接で内定に近づけるにはどうすればいいか考えている方は、ぜひご覧いただけれ …

エンジニア転職、35歳までは年齢は5000%関係ない

みなさん、こんにちは、タケイです。 今日は、エンジニア転職、35歳までは年齢は5000%関係ない というテーマで記事を書きたいと思います。 エンジニア転職で年齢で悩んでる方がいればぜひご覧ください。 …

約1年間のエンジニア生活を振り返る

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「約1年間のエンジニア生活を振り返る」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 2020年1月にエンジニアに採用され、2020年2月からエンジニア …