takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

エンジニア 人生論 人間関係 健康 公務員

使えない部下が使えるようになる最強の方法

投稿日:

皆さん、こんにちは。タケイです。

今回は「使えない部下が使えるようになる最強の方法」について紹介します。

この記事を書こうと思ったきっかけ

上司の皆さんには、部下が仕事できなく、「マジであいつ使えない!」と悩んでる方が多いと思います。

そんな私も公務員時代と正社員のエンジニア時代は、使えない部下で、上司に迷惑をかけていました。

ですが、派遣エンジニアに転職してからは、「マジであいつ使えない!」と思われていないと確信しています

というのも、もし「使えない!」と思われていたら、派遣エンジニアの場合、派遣切りにあうからです。

今回のブログでは、「使えない部下」から「使えない部下ではなくなった」経験から、どうすれば使えない部下が使えるようになるかを執筆し、

使えない部下がめちゃくちゃ使える「エース級」になる最強の方法論を伝授したいと思っています。

使えない部下が使えるようになる最強の方法

使えない部下を使えるようになる最強の方法は、以下の2つです。

1.部下と良好な関係を築く

2.「いつか化ける」と期待する

では、詳しく書いていきます。

1.部下と良好な関係を築く

使えない部下が使えるようになる最強の方法の1つ目は、「部下と良好な関係を築く」ことです。

今、あなたが「部下が使えない」と思っているなら、部下と良好な関係は築けていません

理由は、部下の仕事ができないことにストレスを感じているからです。

しかし、考えてみてほしいですが、なぜ部下は仕事ができないんでしょうか

もの覚えが悪い、やる気がない、気合が足りない

そういうふうに感じているかもしれません。

ですが、

上司の説明が下手くそ

部下が質問しにくい雰囲気を作ってる

そういう、あなた自身が「自分が悪い」可能性を考えたことはあるでしょうか

それで、もし、今後、「上司として評価をあげたい」、「出世したい」と思うなら、

自分の説明が悪い

質問しやすい雰囲気を作れていない

と上司である自らの技量不足を認識した方がいいです。

部下を持つとわかると思いますが、何でもかんでも人のせいにする部下を評価して、次のリーダー候補にしたいと思わないですよね。

良心的な人なら、他人のせいばかりする人を、絶対に人の上に立たせたくないと思います。

(もし、他人のせいばかりにする人をリーダーにしたら、組織は崩壊します。)

それと同じで、上司であるあなたを評価する偉い人が、あなたを評価するときに、「部下が使えない」と思っている人を「昇格させたい」と思いません

なので、「出世をしたい」と1ミリでも思っているなら、他責思考ではなく、自責思考にしましょう

そして、出世したいと思っていなくても、他責思考の人は、人と関わる上で、「マジでめんどくさい」と思われて、どんどん人が離れていきます

自責思考を身につけることで、部下の方もあなたへ歩み寄ることができ、仕事のパフォーマンスが上がる

結果、使える部下に成長していくのです。

2.いつか化けると期待する

使えない部下が使えるようになる最強の方法の2つ目は、「いつか化けると期待する」ことです。

「部下は最初から使えて当然だろ?」と思った上司は、組織における存在意義がありません

最初から使える部下がいたら、その部下はすぐに出世し上司になって、上司であるあなたが部下になります

ですが、大体の人は、最初は使えなくて、だんだん仕事をしていうちに、効率的なやり方を覚え、使える人材になっていくのです。

そのために、組織においては、部下が使えるようにするのが上司の最大ミッションでもあります。

そうでなければ、上司なんて本当に要りません。

それでも、「部下が使えなくて困る!」とストレスを抱えてる上司は、自身のミッションである「部下を成長させる」のを放棄していると言ってもいいでしょう。

ですので、騙されたと思って「部下が使えるようになるには時間がかかる」と思ってみてください

そのほうが、あなた自身がストレスを抱えず健康的ですし、間違いなく1年後の部下は、使えるようになっています

大事なので、繰り返しになりますが、上司たるもの、すぐに結果を求めるような思考をせず、気長に待つようにしましょう

部下を切り捨てるような上司は無能

このブログを読んでる方は、「部下が使えないからクビにしたい」と思っていた方がいるかもしれません。

しかし、部下を切り捨てるような上司は無能です。

先ほど書いたように、部下が使えるようにするのが上司の仕事であり、1年もすれば、勝手に使える部下になっていきます

思い出してほしいですが、小学生の時、かけ算の暗記など、すぐにできたでしょうか。

そんなすぐには出来なかったと思います。

部下も同じで、わからないことが少しずつわかっていき、結果、仕事ができるようになるのです。

1歩1歩ですが、1日の業務を積み重ねてできるようになっていきます。

なので、上司の役目は「部下ができるようになるまで見守る」、「つまずいたらサポートする

それくらいシンプルで十分です。

ぜひ、「あいつは使えない」なんて思わず、「いつかできるようになる」と気長に待つようにしましょう

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週ブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

資格の大原は、短時間での効率学習をしたい方にオススメ

-エンジニア, 人生論, 人間関係, 健康, 公務員

執筆者:

関連記事

実務経験半年のエンジニアが派遣エンジニアに向けて転職活動し始めた感想

今日は「実務経験半年が派遣エンジニアに向けて転職活動し始めた感想」 についてブログを書きます。 書こうと思ったきっかけ 私みたいに、すでに現場に入り、半年くらいが経ってる方がいると思います。 そして、 …

no image

皆さんに向けて、自己紹介

みなさん、こんにちは、たけいです。 久々にブログ更新します。前回の初ブログを見てみましたが、自己紹介もせず、いきなり「自己肯定感を下げないためにしていること」を割とガチで記事にし、ブロガーデビューして …

「公務員はモテるのか」の疑問にお答えします

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「「公務員はモテるのか」の疑問にお答えします」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 コロナウィルスにより国が不景気になったことで、公務員になり …

エンジニアを目指す方が真っ先にやるべきこと

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「エンジニアを目指す方が真っ先にやらないといけないこと」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 エンジニアを目指すにあたって、プログラミングを勉 …

エンジニアを半年で辞めた理由(改訂版)

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は「エンジニアを半年で辞めた理由(改訂版)」について、記事を書きます。 改めていうと、8月31日をもって、エンジニアデビューした会社を約半年で退職しました。 そし …