takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

エンジニア 人生論

在宅勤務で人生を損をする人

投稿日:

みなさん、こんにちは。タケイです。

今日は「在宅勤務で人生損をする人」について、執筆します。

ずばり、在宅勤務で人生損する人は、柴犬みたいな「忠実人間」です。

以下、詳しく書いていきます。

書こうと思ったきっかけ

派遣エンジニアに転職し、いきなりの在宅勤務で業務をこなしてきましたが、転職して1ヶ月、慣れたきたためか、空いた時間が増えるようになりました。

皆さんは、在宅勤務で仕事がない時間どのように過ごしていますか。

私は仕事がない時間、YouTube見たり聞いたりしてましたが、「早く仕事ができるようになりたい」

と思い、仕事に関することを勉強するようにしました。

ですが、仕事が慣れてきてから、空き時間がさらに増えて、

「この空き時間の使い方次第で、人生が変わるんじゃないか」と思いました。

空き時間に仕事を増やさないで、自分のしたい勉強をするというのは、企業に忠実な「忠実人間」がすることではありません。

これからの時代を予想すると、実力社会がより進むと思い、そんな社会では忠実人間だとと思い、この記事を執筆することにしました。

忠実人間とは

忠実人間とは、私が勝手に作った造語です。

どんな由来で「忠実人間」という言葉を作ったかというと、柴犬を見て作り出しました。

私は柴犬が本当に大好きで、1日5分だけ柴犬のYouTubeを見て癒されています。

そこでいつも思うんですが、柴犬って、飼い主にひたすらついていくわ、名前を読んだら走ってくるわで、マジで飼い主のいうことを聞くんですよね。

特に、おやつを上げる時とか、びっくりするくらい、「お手」と「お座り」をガチで真面目にやります。

観た感じ、おやつがない時と比べて、いつもの1.5倍くらいのスピードで「お手」「お座り」をやっている気がして、本当に忠実だなと思うんですが、

こういう柴犬みたいに何事に対して強いものに従う人、会社に従う人、歳上の言ったことに従う人を

私は「忠実人間」と呼んでいます。

忠実人間はマジで損をする

では、なぜ忠実人間は損をするのかというと、現状を振り返ってみて、

忠実=得する

と思わないからです。

このように思えたのは、派遣エンジニアになって在宅勤務をガチでやってみてから思えたのがきっかけです。

正直にいうと、派遣エンジニアになって、在宅勤務を8時間ぶっ通しでしたことがありません。

長くて5時間くらいです。

残りの3時間はマジで自由時間で、当初の私は業務に関するマニュアルを読んでいました。

ですが、それを2週間も毎日やってると、そのマニュアルも覚えてしまって、やることがないと思ってきました。

そこで、柴犬みたいな「忠実人間」は、先輩に「何かお手伝いできることはありますか」と聞くと思うんですが、私は面倒くさいので聞きません。

というか、私みたいな入社ペーペーが先輩の業務を手伝えることって、知識がないので、

逆に教えながらになって、先輩の業務スピードが落ちてしまい、慣れていない業務のお手伝いしたところで逆に効率が悪くなると思っています。

それに仕事に慣れてなくてできないので、幼稚な先輩だとキレるパターンもあります。

それなら、先輩の業務は先輩がやった方が早いので、暇になったら、空いた時間にプログラミングの勉強をしたり、資格の勉強したり、最悪副業したり、自分の人生を豊かにしてくれる時間を過ごした方が絶対に得だと思いました。

あと、会社で仕事ができるようになって上がる給料なんてほんのちょっとだし、それなら新たなスキルを身につけて転職したり、副業をガチった方が、

給料が上がる確率が高く、スキルはあるし副業で稼げるかもしれないので、長期的みてプラスになると思います。

なので、在宅勤務の空いた時間も仕事に関することを自分なりに勉強するのもいいですが、

「もう仕事がある程度できるようになったな」と思えた段階になったら、これから自分がより楽しく生きれるにはどうしたらいいかを考え、その勉強をした方がいいと思うわけです。

高校時代の話

ちょっとここで、「忠実人間」じゃなかった人が得をしたエピソードを書きます。

高校時代、私のクラスにめちゃくちゃ頭の良い同級生が2人いました。

どれくらい頭がいいかと言ったら、偏差値で言ったら70くらいです。

それで何で頭がいいか観察してみたんですが、学校の終わりに塾に通っていたのもあるんですが、授業中に自分の志望校に受かるためだけの勉強をしていました。

つまり、先生の話はガン無視、とにかく机で塾の教材とか開いて黙々勉強です。
周りでは「内職」と言ってました。

ですので、2人の口癖だったのは

「あの授業、受験に関係ないし」

「もう習ったから聞く必要ない」

でした。

それに対し、自分で勉強しないで学校だけで勉強してる人や、授業をクソ真面目に聞いていた人は、志望校に受かった人もいますが、偏差値が高い大学にいく人はいませんでした。

私もそのうちの1人で「先生の授業を聞かないの、なんか悪いし」みたいに、今思うとかなり損をしていたなと思います。

こんな感じで、自分の目標をかなえるには、学校の授業とか塾とかを主体的に利用し、無駄を排除して行動する必要があります。

仕事は最低限でやる

仕事に関しては、組織に所属してる以上、「君は組織に必要だ」ということで、信頼関係を作る必要もあるので本当に最低限の業務をやるだけでいいと思います。

言われたことは着実にやる。

私の場合、最後slackで業務報告をしてるのですが、業務報告で「こいつ仕事してねーな」と印象を与えない程度に仕事をして、あとはガンガン自分のやりたい勉強をしています。

「こいつ仕事してねーな」と印象を与えないために、

誰かこの仕事してくれませんか?

と振られた仕事を自分から手をあげてやって、それを猛スピードでやって、あとは自分の勉強であるJavaScriptの勉強をしています。

よくよく考えたら、私の場合、プライベートの時間って、ボウリングとかマラソンとか、毎日仕事を終わりに必ず1時間くらい運動しているので、勉強できる時間が増えるのはこの上ないチャンスです。

(ちなみに、ボウリングとかマラソンとかを辞めてでもプログラミングをやらないといけないなら、プログラミングをやめます。)

しかも、今は在宅勤務ですが、出社勤務が再開したら、通勤で1時間半くらいかかるので、コードを書くような作業はできません。

ですので、今、在宅勤務ができて、時間がある人は自己成長をさせるための時期として、今がマジで大チャンスなわけです。

YouTubeを見るのをやめよう

ということで、在宅勤務で仕事が暇になった時間は、YouTubeを見るのを辞めて、自分のやりたい勉強に専念しましょう。

繰り返しですが、今思うと高校時代、早く志望校を決めて、それに向けて、無駄な授業は自分の勉強時間に使い、第一志望に受かればよかったなぁと後悔しています。

公務員の時も休職したにもかかわらず、エンジニアになった方と出会うのが遅く、休職期間が終わるギリギリからプログラミングを勉強しました。

もし、休職してすぐにプログラミングの勉強をしていたら、半年近く長く勉強できたので、また違う方向になっていたかもしれません。

こんな感じで後悔だらけなんですが、歳をとってから「もっと勉強しておけばよかった」とならないよう、仕事で余裕が出てきたら、上手に時間を使うにしたいと思っています。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週日曜日にブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

また、YouTubeも毎週日曜日に投稿していますので、そちらも見ていただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

初心者からちゃんとしたプロになる HTML CSS実践講座

新品価格
¥2,860から
(2020/11/1 20:57時点)

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

新品価格
¥2,455から
(2020/11/1 20:58時点)

-エンジニア, 人生論

執筆者:

関連記事

高校中退、短期離職2回のエンジニアが面接で苦労した質問とその対策

皆さんこんにちは、たけいです。 今回は、面接で苦労した質問について、記事を書きます。 以前、ポートフォリオや想定問答集について記事を書きました。 ポートフォリオを作るのは楽勝で、想定問答集の質問を集め …

人生変えるための朝の散歩は最高です

みなさんこんにちは。たけいです。 今日は、「人生変えるための朝の散歩は最高」というテーマで投稿します。 いきなりですが、みなさんは毎日運動してますか。私は仕事終わりに毎日10キロくらい走ってるのですが …

エンジニアに一部変な人がいる理由

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「エンジニアに一部変な人がいる理由」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 以前のブログで、「公務員に一部変な人がいる理由」について、執筆しまし …

3浪で大学に入学する時、年齢をカミングアウトした方がいいのか

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は「3浪で大学に入学する時、年齢をカミングアウトした方がいいのか」について、執筆します。 この記事を書こうと思ったきっかけ 以前のブログで、3年遅れで大学受験し、 …

マナブさんの発信を聞いて、勘違いしてはいけないこと

みなさん、こんにちわ。タケイです。 今日は「マナブさんの発信を聞いて、勘違いしてはいけないこと」について執筆します。 この記事を書こうと思った理由 皆さんは、マナブさんという方をご存知でしょうか。 ビ …