takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

エンジニア 人間関係

エンジニアに一部変な人がいる理由

投稿日:

みなさん、こんにちは。タケイです。

今日は「エンジニアに一部変な人がいる理由」について、執筆します。

この記事を書こうと思った理由

以前のブログで、「公務員に一部変な人がいる理由」について、執筆しましたが、

書き終わった後、「エンジニアにも一部変な人がいるよなぁ」と思いました。

というのも、現在、私は公務員をした後にエンジニアとして働いている最中ですが、公務員エンジニアにも癖のある変な人が職場にいるからです。

私は、このブログやyoutubeを通して、人生経験してきた中で役に立ちそうだと思うことはどんどん発信していくと決めています。

それで、エンジニアでも様々なことを経験し、エンジニア転職がブームのため、何か役に立ちそうな情報は惜しみなく出すつもりです。

そこで今回は、公務員だけでなく、エンジニアになりたい人もたくさんいる昨今、エンジニア志望者向けに、「変なエンジニアがいるのはこういう背景があるんだよ!」ということをお伝えしたいと思い、「エンジニアに一部変な人がいる理由」というテーマで執筆することにしました。

エンジニアに変な人がいる理由

今回も、早い段階で書きますが、決してエンジニア全員が変な人ではありません。

どんな質問でも、コードをみて、一緒に考えながら教えてくれたエンジニアもいますし、全くマウントを取らないエンジニアもいました。

それでも、職場には必ず1人は変なエンジニアがいます。以下、その理由について書きます。

1、エンジニアであることに驕りがある

公務員と同様、エンジニア界隈にも「自分はエンジニアですごいんだぞ!」という驕りがある気がします。

というのも、エンジニアも公務員と同様、「周りよりも優れている」と勘違いしてもおかしくない状況だからです。

公務員の場合は、膨大な試験科目と大量の公務員受験生の中で採用されたプロセスがあるので、「難関な公務員試験を通過した自分、頭いい!」と思ってしまう人もいます。

一方、エンジニアも同様で、「プログラミング」という専門スキルで仕事をするので、「自分は、世の中の人ができないプログラミングができるから頭いいんだ」と勘違いしやすいです。

しかも、最近は、エンジニア転職のブーム真っ最中なので、公務員試験並みに、エンジニアになるハードルが上がっているので、「競争社会から勝ち抜いた自分」に変に自信を持つ人がいてもおかしくありません。

特に、エンジニア界隈であるのは、「市場価値が上がらない職業はクソだ」と考えている人が多いです。

こういう人たちは、「エンジニアである自分は勝ち組」をアピールしていて、市場価値が低いと勝手に思っている人に対し、マウントを取っています。

「エクセルばかりやって市場価値が上がらない」みたいなことをいう人いますが、エクセルこそ、得意な人を求めている会社が多いので、極めれば極めるほど、市場価値が上がることを知らないのです。

もし、プログラミング以外の仕事を市場価値が上がらないからクソだと考えているなら、

世の中の大半の人が、プログラミングをしない仕事をしているので、世の中の人全員に価値がないって言ってるようなものです。

ですので、エンジニアになったら、自分がいつの間に傲慢になって、失言していないか注意が必要になります。

2、実力社会

過去のブログでも紹介した通り、エンジニアは実力社会、言い換えれば「弱肉強食の世界」です。プロスポーツの世界と同じと言えます。

いかにプログラミングができるか

これが勝負です。

逆にプログラミングができない人は、戦力にならないので、組織、先輩から見捨てられます。

その点、公務員は、特殊なスキルがなくても、誰でもできる仕事が多いので、実力社会ではありません。

上司に気に入られるか、いかにミスをしなく確実にやれるかが大事なので、配属先の運が関わってきます。

一方、エンジニアは、人間的に素晴らしくても、プログラミングができないと見捨てられるので、プログラミングさえできれば、組織にコミットできます。

なので、プログラミングさえできればいいと思っている人が多いので、コミュニケーションにおいて、この伝え方で相手がどう感じるかを考えなくても、仕事ができるのです。

ただ、私は「プログラミングさえできればいい」という考えは、組織の成長を下げる原因だと思っています。

前の職場で、技術はすごいけど、コミュニケーションが下手なエンジニアの上司がいて、彼のせいで、職場の色々な方にストレスを与えているのがわかりました。

私も、エンジニアの上司とうまくいかず退職しましたし、同僚も退職しました。

こんな感じで、コミュニケーションが下手だと、職場の雰囲気が悪くなり、エンジニアも育たなく、会社の成長が遅れるのです。

なので、スキルはもちろん大事なんですが、しっかりコミュニケーションを取れるのが、会社とともに、エンジニアとして成長するのに最も大事なことだと思っています。

3、引きこもりになりがち

先ほど、「エンジニアは実力社会でコミュニケーションが大事」と書きましたが、実力社会で生きるためには、プライベートの時間もプログラミングしないといけません。

平日の仕事終わりや休日もコードを書いて、常に技術力を高めないと、技術的についていけなくなります。

そのせいで、引きこもりになってしまいますが、それにはデメリットもあります。

それは、趣味で外に出たり、恋人を作ったり、ハメ外したり、アウトドアなことをしなくなるので、社会性が欠けてコミュニケーションが下手になるのです。

「エンジニアはコミュニケーションが大事」と、「実力社会」のところで書きましたが、コミュニケーションをとっていないと、どういうコミュニケーションが良いか悪いかわからなくなり、考えさえしなくなります。

その結果、相手に意図が伝えられず、イライラしてたり、マウントとったり、「変なエンジニア」が誕生するのです。

相手に伝わらないのが前提で、どうすれば相手に伝わりやすいかを考えるのが、コミュニケーションの大事なところで、引きこもりが悪いとは決して思いませんが、(むしろプログラミングの技術を上げているので良いことですが)コミュニケーションの勉強くらいしましょ?と思っています。

エンジニアになりたい人は、今はコードを書ければいいかもしれませんが、それが10年後、20年後になると、部下を管理し、コードを見る側になります。

そうなった時、マウント取ったり、イライラしていたら、部下が育ちません。

部下が育たないと、自分へのタスクが集中し、生産性が落ちますので、コミュニケーションの勉強をするのは、とても大事だと思っています。

エンジニアになっても徳のある人で

エンジニアは確かにプログラミングという、希少価値のスキルが身につき、市場価値が高いかもしれません。

ですが、素晴らしいスキルを持っていても、職場環境が合わなくて、3ヶ月や半年で辞めると、転職が厳しくなります。

エンジニアになって「市場価値を上げていくぞ!」と思っていても、一部の変なエンジニアの上司のせいで、短期離職しないといけない場合も十分あります。

そうなってしまっては、プログラミングのスキルが市場では認められないのです。

私が1年以上もエンジニアをやって思うのは、大事なのは「スキル」と「コミュニケーション」ということです。

コミュニケーションがうまいエンジニアはやはり魅力的ですし、チームでかなり慕われています。

ぜひ、エンジニアを目指している皆さんは、コミュニケーションも上手くなって欲しいですし、変な上司の元で働くことになっても大丈夫なよう、準備をしておいて欲しいと思います。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週ブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

また、YouTubeも投稿していますので、そちらも見ていただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

-エンジニア, 人間関係

執筆者:

関連記事

現場に入る前にエンジニアになるためにやっておけば良かったこと

みなさん、こんにちは。 たけいです。 ついに会社で退職届が受理され、2020年8月をもって、エンジニアデビューを果たした今の会社を辞めることになりました。 今日は「現場に入る前にエンジニアになるために …

3浪で大学に入学した人が大学生活を楽しむ方法

みなさん、こんにちわ。タケイです。 今日は「3浪で大学に入学した人が大学生活を楽しむ方法」について執筆いたします。 この記事を書こうと思ったきっかけ 私のことを改めて紹介すると、 今は元公務員の現役エ …

公務員時代の辛かったお仕事3選

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は「公務員時代の辛かったお仕事3選」について執筆します。 この記事を書こうと思ったきっかけ 私は大学卒業後、社会人2年目で「勝ち組」と呼ばれる公務員になりました。 …

半年でエンジニアの退職決断に至った理由

みなさん、こんにちは。 たけいです。 今日は 半年でエンジニアの退職決断に至った理由 について、ブログを書きます。 8月末の退職が決まりました 急遽ですが、今の職場、8月末の退職が決まりました。 2月 …

絶対にプログラミングが上達する方法

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「絶対にプログラミングが上達する方法」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 皆さんは、プログラミングしかり、動画編集、Excelなど、何かスキ …