takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

エンジニア

エンジニアに転職するか悩んでる人に伝えたいこと

投稿日:

皆さん、こんにちは。タケイです。

今日は「エンジニアに転職するか悩んでる人に伝えたいこと」について、執筆します。

この記事を書こうと思った理由

エンジニアに転職し、発信活動をしてる中で、数多くの相談を受けてきました。

その中には、エンジニアに転職したいと思ってる人がいる一方、エンジニアに転職するか悩んでいる人もいて、エンジニアに決断する!と決断に至っていない状況の方もいました。

今日は、エンジニアに転職するかどうか悩んでいるが、なかなか踏み込めない人に、どのように決断し、行動していけばいいかお伝えしたいことがあり、「エンジニアに転職するか悩んでる人に伝えたいこと」について、書くことにしました。

悩んでる人のパターン

エンジニアに転職をするか悩んでる人の相談を受けて感じたのは、厳密には2パターンの悩んでいる人がいることです。

1つは、エンジニアに転職するかどうか悩んでいる人で、

もう1つは、エンジニアに転職すると決めてはいるものの、転職活動になかなか踏み込めない人です。

それでは、以下各々の状況の方に向けて、どのようにしていけばいいか書いていきます。

①エンジニアに転職するか悩んでいる人へ

まず、エンジニアに転職するかしないかで悩んでる方がいたら、絶対にエンジニアに転職した方がいいです。

なぜなら、エンジニアに転職するメリットが多いからです。

例えば自分の場合、こんなメリットがありました。

1、在宅勤務できるようになった

2、ITやPCに詳しくなれた

3、座って、1人で仕事できる

エンジニアになる前は、公務員をやってましたが、家で働くという概念がなく、私に用事がある人が来たら、お昼休憩でも、立って窓口に行き、対応しなければなりませんでした。

また、何か上司に質問がある時や他の部署に質問がある時も、わざわざ上司の席まで行って、質問したり、他の部署の担当者に内線で連絡したりする必要がありました。

仕事関しても、上司とペアになって同じ仕事を分担してやっていましたが、上司の仕事のやり方に合わせないといけなく、気を使う日々を送っていて、終いには、その上司と合わなくて、適応障害になって休職しました。

それでも、休職中にプログラミングを勉強し、エンジニアになった結果、あまり会話することが仕事ばかりになりましたし、web系なら在宅勤務で仕事ができます。

公務員ではありえない働き方、業務の仕方を感じたので、本当にエンジニアになってよかったなと思っています。

あと、エンジニアはググって仕事をしたり、プログラミングはもちろん、周辺のITやコンピューターリテラシーについて知らないといけないこともあるので、必然的にITに詳しくなります。

IT化は今後加速するので、ITに詳しい人は重宝されますし、需要も加速するので、仕事を選ぶ範囲・キャリアの可能性が十分に広がると思います。

②なかなかエンジニア転職に踏み込めない方へ

一方、今勤めている会社が忙しくて転職活動できなかったり、仕事が辛くはないけど、なかなかエンジニアへの転職活動ができない人もいます。

その人たちに、お伝えするのは

焦る必要はない!

ということです。

なぜなら、現場に入るなら、やはり戦力になって欲しいため、焦らずじっくりスキルをつけてからきて欲しいからです。

エンジニア転職について情報発信してる方を見ると、「早く実務経験を積め」と言う人がいるので、1日でも早く就職したい気持ちもわかります。

ですが、今一度、今の実力で実務についても大丈夫か、自身に問いてみてください。

ちょっとでも自信ないなぁと思うなら、その自信のなさをまずは消すべきです。

理想は、「もう、やることやった!あとは、実務で実力を試してみたい!」までいくことで、それくらいの気持ちあると、実務の現場が新たなステージとなって、楽しくなります。

例えば、Web制作で言えば、

HTML

CSS

JavaScript

WordPress

Photoshop

Git

この辺は、実務でガンガン利用するスキルなので、実務で経験を積むまえに、ある程度できていて欲しいところです。

特にWordPressとJavaScriptに関しては難易度が上がるので、スキル習得に最低半年、1年くらいかかってもおかしくありません。

私の場合、

HTMLとCSS、ちょっとだけJavaScriptのスキルだけポートフォリオを作って、実務に入った結果、「マジでついていけない」と大コケしました。

WordPressなんかは、テンプレート階層のことを知っていて、コードの成り立ちすら分かっているだけでも、実務に入った時に相当有利です。

ですので、仕事しつつ、じっくり着実にプログラミングの勉強し、「もういける!」と思ったら、転職活動を始めるのがいいと思います。

エンジニアは決して楽ではない

ここまで、「エンジニアに転職した方がいい」方向で書いてきましたが、エンジニアになったら、決して楽になるわけではないのは覚えて欲しいです。

基本、スキル勝負の世界ですし、職場環境が悪いところもあります。

転職したら、給料は下がった、職場環境も悪くなったみたいなのもあり得ますので、1年はがむしゃらに働いて欲しいと思います。

というのも、1年働けば、スキルも身に付いているので、職場環境を変えることができ、エンジニアとしてのキャリアを継続して積むことができるのです。

逆に、3ヶ月で辞めると、スキルもない、ただの短期離職した人になるので、どうすればまずは1年働けるか、考えなければなりません。

エンジニア転職応援しています

エンジニア転職に対し忠告してしまいましたが、それでも私はエンジニアを転職するみなさんを応援しています。

今、こうやって情報発信しているのも、在宅で働くことができるのも、毎日趣味を楽しむくらい時間があるのも、全てエンジニアに転職できたからです。

エンジニアに転職することは、将来的にエンジニアが不足する日本にとってもいいことなので、ぜひ焦らず、じっくり転職に向けて準備をして欲しいなと思います。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週ブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

また、YouTubeも投稿していますので、そちらも見ていただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

-エンジニア

執筆者:

関連記事

メンタルが弱い部下の対処法

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「メンタルが弱い部下の対処法」についてお伝えします。 この記事を書こうと思ったきっかけ 叱ったり、注意しただけで落ち込み、仕事のパフォーマンスが落ちる部下に悩 …

派遣社員は負け組なのか

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「派遣社員は負け組なのか」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 派遣エンジニアになり、俗にいう「派遣社員」として社会人をしてますが、「派遣社員 …

入社3ヶ月のエンジニアが在宅勤務をした感想

皆さんこんにちは、たけいです。 今日は、4月初旬に急遽在宅勤務が決まり、1週間、完全在宅勤務を経験しましたので、 「入社3ヶ月のエンジニアが在宅勤務をした感想」 について投稿します。 在宅勤務が急遽決 …

在宅勤務で人生を損をする人

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「在宅勤務で人生損をする人」について、執筆します。 ずばり、在宅勤務で人生損する人は、柴犬みたいな「忠実人間」です。 以下、詳しく書いていきます。 書こうと思 …

自信がない人はとにかくやりましょう

ブログ みなさん、こんにちわ、たけいです。 今日は「自信がない人はとにかくやりましょう」というテーマについて、記事を書きたいと思います。 皆さんは、自信があるタイプですか。 私は真面目に自信がありませ …