takeiblog

人間はいつか死ぬ。だから、人生は楽しくなければならない

人生論 人間関係

3浪で大学に入学した人が大学生活を楽しむ方法

投稿日:

みなさん、こんにちわ。タケイです。

今日は「3浪で大学に入学した人が大学生活を楽しむ方法」について執筆いたします。

この記事を書こうと思ったきっかけ

私のことを改めて紹介すると、

今は元公務員の現役エンジニアですが、学生時代は「21歳で大学入学、25歳で大学卒業」という、わけがわからない学歴の持ち主でした。

3浪したわけではありませんが(1浪)、当時、同い年より3年遅れで大学に入学して、3年遅れで大学生活を送ることが、不安しか感じなかったものです。

21歳で大学に入学するのは、つまるところ3浪して大学に入ったのと同じです。

自分がこれから大学1年生になるのに対し、高校まで同級生だった人が既に大学4年生になって、就活しているのがリアルな現実でした。

今回は、色々な事情があって3年遅れだったり、3浪で大学に入る方に、3年遅れ・3浪でも大学生活を楽しむ方法について、記事を書きたいと思います。(この記事では、3年遅れで入学した人も3浪という表現をさせていただきます)

3浪が大学生活を楽しむ方法の前に

まず、3年お遅れで大学に入る皆さんのほとんどが、「周りと馴染めるか」、「年齢をカミングアウトするか」を心配していると思います。

その点に関しては、今後のネタとして発信しようと思っているため、今回は言及しませんが、

とにもかくにも

大学の年下の同級生と馴染めるかはあなた次第

そして、年齢をカミングアウトするのもあなた次第

です。

年齢をカミングアウトするのは別にどちらでも良いですが、カミングアウトした時のメリット・デメリット、しなかった時のメリット・デメリット、各々あります。

私の場合はカミングアウトしませんでしたが、3年遅れで大学に入学し、年齢を隠したままでも卒業してよかったと改めて思っています。

その上で、3浪が大学生活を楽しむ方法について書いていきます。

3浪が大学生活を楽しむ方法

1.絶対に横柄な態度を取らない

3浪が大学を楽しむ方法の1つ目は、絶対に横柄な態度を取らないことです。

先ほど書いた「周りよりも3年遅れで入学した」ことをカミングアウトしてもしなくてもいいですが、絶対に年下の同級生には「先輩ヅラ」をしてはいけません。

基本的に、年下の同級生に、3歳上であることをカミングアウトしたら、あなたのことを同い年とみなせなくなるので、基本距離を置かれるようになります。

また、年齢をカミングアウトしなくても、「先輩ヅラ」をすることで、「何、あいつ偉そうにしてるの」と陰口を言われる可能性もあります。

結果、どちらも距離を置かれるので、孤独が加速するでしょう。

決して、学生生活で孤独が悪いわけではありませんが、3歳年上で大学4年間過ごした私の経験上、周りと仲良くする方が、授業のカリキュラムを決める時やテスト勉強の時、情報戦において色々優位に大学生活を送れます。

ですので、3歳上であることが知られようと隠そうと、年下の同級生からいじられるくらい、物腰柔らかい雰囲気で過ごす方が、周りに人が集まりやすいので、態度というのは大事になってくると思っています。

2.目標を決めて突き進む

3浪が大学を楽しむ方法の2つ目は、目標を決めて突き進むことです。

まず、覚えておかないといけないのは、3浪している時点で就職活動は不利になります。

理由は、企業は経歴に傷がない、無難な若い人を取りたいですし、25歳より22歳の方が、求めるスキルが低いからです。

最終面接をした際、能力があなたと同じ場合、間違いなく、若い方を採用します。

なので、基本的には、「周りよりマイナスの評価からスタート」と思わないといけません。

その上で、3浪だからこそ、マイナスからゼロに、ゼロからプラスにしていくにはどうすれば良いか考えながら大学生活を送るのが良いです。

例えば、資格を取りまくったり、プログラミングを勉強したり、留学したり。

とにかく、遊んでばかりいる大学生で何も特徴がない人よりも、「頑張ったんだな」と思わせるネタが必要です。

ここで大学生活を「人生の夏休み」と思って一緒に謳歌した場合、就職活動が厳しくなります。

特に、大企業を狙いたいのであれば、3年遅れは相当な能力・魅力がないと厳しいので、何か1つでも、大きい目標を決めて、それに向かって努力と結果を出すことが必要です。

そうすれば少しでも自信がつくので、就職活動の時に、3年遅れでも経歴にコンプレックスを抱えなくなるような大学生活を過ごすといいでしょう。

3.楽しむのを忘れない

3浪が大学を楽しむ方法の3つ目は、楽しむのを忘れないことです。

3年も遅れて入学すると、「周りよりも3年遅れている」ことにコンプレックスを抱え、行動力が落ちたり、気分が落ち込んだりします。

ですが、人生長い目で見ると、たかが「3年」遅れているだけで、大学生活を楽しんでいけない理由はありません。

「2つ目の目標を決めて突き進む」と矛盾しているかもしれませんが、4年間だからこそできることを決めて、存分に楽しんで欲しいです。

私は、大学2年までは彼女作って遊び呆けていましたが、おかげで地方から上京して、何も知らなかった都会での生活を知ることができました。

それから、大学3年からは毎日ジムに通って体脂肪率を4%まで絞りました。

おかげで、今は世界観が広がりましたし、毎日運動しないと気が済まない生活になったので、健康診断でも健康状態が良好です。

現役だろうと、1浪、2浪、3浪だろうと、4年間の貴重な大学生活であるのは変わりないので、3浪で入学した方は、ぜひ楽しいんで欲しいと思います。

社会人になれば一緒

現役だろうと浪人だろうと、大学に入学し、社会に出れば新卒であることに変わりません。

そして、就職活動までは、大学名のようなこれまでの経歴が影響してきますが、

社会人になると実力+社会人としての実績が大事です。

受験勉強の間は、学歴が全てと思いがちですが、社会に出ると、「どこの大学を卒業したか」より「何ができるか」を重視されます。

ですので、3浪でこれから大学に入学する方は、たった4年間の大学生活で、どういう人生を歩みたいかを決めて、大学生活を楽しみつつ、卒業後の準備を全力でするようにしましょう。

今回のブログもご覧いただきありがとうございました。

毎週ブログを更新してますので、今後も読んでいただくと嬉しいです。

また、YouTubeも投稿していますので、そちらも見ていただくと嬉しいです。

なにかあれば、TwitterでDMをください。

これからもよろしくお願い致します。

-人生論, 人間関係

執筆者:

関連記事

エンジニアが病気になりやすいと思う理由とその対処法

みなさんこんにちは、タケイです。 今日は、「エンジニアが病気になりやすいと思う理由とその対処法」について執筆します。 この記事を書こうと思ったきっかけ コロナウィルス拡大により、リモートワークがしやす …

何分でヤる気が起きるか、実験してみた話

皆さん、こんにちは。タケイです。 今回は「何分でヤる気が起きるか、実験してみた話」について執筆します。 この記事を書こうと思ったきっかけ みなさんに、やる気はありますでしょうか。 よく「やる気が起きる …

エンジニアになる人が覚悟しなければならないこと

みなさん、こんにちは。タケイです。 今日は「エンジニアになる人が覚悟しなければならないこと」について、執筆します。 この記事を書こうと思った理由 エンジニアとして採用が決まり、Twitterで報告して …

エンジニアデビューした今の会社を今年度で辞めることにしました

みなさん、こんにちは、タケイです。 今日は「エンジニアデビューした今の会社を今年度で辞めることにしました」 について書きます。  書こうと思ったきっかけ 実は今の会社で働いて、「エンジニア最高ですよ! …

学歴コンプレックスは公務員になるといい理由

皆さんこんにちは、たけいです。 今日は、「学歴コンプレックスは公務員になるといい理由」について書いていきます。 この記事を書こうと思ったきっかけ 自分は偏差値50くらいの大学を卒業したのですが、周りに …